ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

EUと米国、対ロシア制裁拡大検討へ ロシア産原油の禁輸含む

© Sputnik / Vladimir Sergeev / フォトバンクに移行制裁(アーカイブ写真)
制裁(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 21.03.2022
ロイター通信は21日、複数の情報筋を引用し、今週予定されている欧州連合(EU)首脳会議、主要7カ国(G7)首脳会合、北大西洋条約機構(NATO)首脳会議で、EU指導部と米国のバイデン大統領はロシアに対する制裁の拡大を検討すると報じた。
EUは21日に外相レベルで制裁について協議を続け、バイデン大統領は24日にブリュッセルに到着する見込み。G7首脳会合には、日本も参加する。
消息筋によると、EUはすでにロシアへの制裁第5弾に取り組んでいる。第5弾には、EU加盟国によるロシア産原油の輸入禁止が含まれる可能性があるという。なお、米国と英国はすでにロシア産原油の禁輸を決めている。
中国外務省「ウクライナ問題に関する中国の立場は、歴史の正しい側に」 - Sputnik 日本, 1920, 20.03.2022
ウクライナをめぐる情勢
中国外務省「ウクライナ問題に関する中国の立場は、歴史の正しい側に」
一方、ロシア産原油の輸入禁止をめぐり、各国の立場には相違がみられたという。消息筋によると、ロシア産エネルギーへの依存度が他の国よりも高いドイツが反対している。ドイツは、原油禁輸への対応としてロシアがガス供給を停止する可能性を危惧しているという。
なお、フランスのマクロン大統領は、対ロシア制裁の強化について、制限はあり得ないと考えている。
フランス大統領の報道官は「これらの制裁は、状況を新たに評価する行動にロシアを駆り立てるためのものだ」と発表した。
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。
消息筋によると、制裁に関するEUのすべての決定はコンセンサスを必要としているが、現在EU議長国を務めるフランスの立場が、決定を左右するものとなる可能性があるという。
関連ニュース
西側の制裁でロシア経済の規模は半減=ホワイトハウス
ロシアの特殊軍事作戦を非難してもウクライナ危機は解決しない=駐米中国大使
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала