岸田首相 参院でウクライナ情勢について発言 ロシアへの強い制裁を強調

岸田首相 - Sputnik 日本, 1920, 01.04.2022
1日、日本の岸田文雄首相は主要7カ国首脳会議(G7)について報告を行い、各党との質疑を行った。
岸田首相は、ウクライナへの侵攻をやめさせるためにも、アジア各国を含む国際社会が連携し強い措置を取ることが必要と述べ、引き続きアジア各国に働きかけていくと表明した。特に中国に対し、責任ある行動を呼びかけた。
同首相は、プーチン大統領が求める天然ガス代金のルーブルでの支払いに関して、G7各国と協調し拒否する意向を明らかにした。一方、ロシア極東の石油・天然ガス開発事業「サハリン1」については、「サハリン2」と同様に撤退しない方針を示した。
日本は「アークティックLNG2」から撤退しない方針=萩生田経済産業相 - Sputnik 日本, 1920, 01.04.2022
日本は「アークティックLNG2」から撤退しない方針=萩生田経済産業相
また、岸田首相は、ウクライナからの避難民への対応について、積極的に受け入れ、避難者に寄り添った支援を行うと強調した。
関連ニュース
日本政府 ロシアに関わるすべてを破壊する可能性 クリモフ上院議員
日本、ロシアの4団体3個人を新たに制裁対象に 北朝鮮の弾道ミサイル発射受け
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала