ロシア大統領府報道官 誰もが米国から圧力を受けているが、全ての国が自分の立場を明確に表明できるわけではない

© Sputnik / Kirill Kallinikov / フォトバンクに移行ロシア大統領府報道官
ロシア大統領府報道官 - Sputnik 日本, 1920, 04.04.2022
ロシア大統領府のドミトリー・ペスコフ報道官は、誰もが人が米国からひどい圧力を受けており、全ての国々が自らの主権的立場を明確に表明する強さを見いだしているわけではないとの考えを示した。
ペスコフ氏は、「確かに米国は、二次的な制裁で脅している。確かに誰もが米国からひどい圧力を受けており、全ての国々が自らの主権的立場を明確に表明する強さを見いだしているわけではない」と、テレビ局「第1チャンネル」の番組「モスクワ。クレムリン。プーチン」でジャーナリストのパヴェル・ザルビンとのインタビューで語った。
ペスコフ氏は、ロシアが完全に空虚になることも、孤立することもありえない、これは現代の世界では技術的に不可能だと指摘した上で、「海の向こうの誰かが望むと望まざるに関わらず」遅かれ速かれ欧州はロシアとの対話を構築しなくてはならないと語った。
関連ニュース
ショイグ露国防相はどこへ消えたのか?ペスコフ大統領報道官が答える
ロシアは世界の安定したエネルギー安全保障の保証 露大統領府報道官
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала