世界最大の加速器、稼働再開=欧州原子力研究機構

加速器 - Sputnik 日本, 1920, 23.04.2022
欧州原子力研究機構(CERN)は22日、スイスとフランスの国境にまたがる物理実験施設「大型ハドロン衝突型加速器」の設備更新が終わり、2018年12月以来に稼働を再開したと発表した。
CERNは声明で次のように述べている。

世界最大かつ最も強力な加速器は3年以上にわたる設備の更新、統合、現代化のための休止期間を経て、稼働を再開した。

22日の日本時間午後7時16分には、同加速器では4500億ギガ電子ボルトのエネルギーを持つ2つの陽子ビームが回転を始めた。CERNによると、エネルギーは徐々に増大し、最高13.6テラ電子ボルトまで達するという。
きのこ - Sputnik 日本, 1920, 22.04.2022
IT・科学
キノコには1万7000種類以上の雌雄が存在する可能性 研究で明らかに
大型ハドロン衝突型加速器はCERNが2008年に運用を開始した物理実験を行うための世界最大の加速器。2011年には現代物理学における重要な発見の1つである、ヒッグス粒子の存在の証明が成し遂げられた。
関連ニュース
世界初、iPSで人口涙腺=阪大教授ら ドライアイ治療に活用期待
NASA、ロケットエンジン用の合金を開発 高温や摩耗に対する耐性が1000倍
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала