ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

米国 ロシアがウクライナで大量破壊兵器を使用したと非難するための挑発を準備=露国防省

© Sputnik / The Ministry of Defence of the Russian Federation / フォトバンクに移行米国 ロシアがウクライナで大量破壊兵器を使用したと非難するための挑発を準備=露国防省
米国 ロシアがウクライナで大量破壊兵器を使用したと非難するための挑発を準備=露国防省 - Sputnik 日本, 1920, 23.04.2022
米国は、ロシア側が化学兵器、生物兵器、戦術核兵器を使用していると非難するための挑発を行う準備をしている。ロシア軍の放射線・化学・生物防護部隊を率いるイーゴリ・キリロフ中将が23日、このように明らかにした。
キリロフ中将は、「ロシア国防省は、米国が、ロシア軍が化学兵器、生物兵器、戦術核兵器を使用していると非難する挑発行為を準備しているという情報を持っている」と述べた。
キリロフ氏は、米国が計画を作り上げており、この計画はロシア軍の成功に反応したものであると指摘している。
同氏は、2022年3月から4月にかけて、欧米の指導者らが、ロシアが大量破壊兵器を使用する可能性があるという挑発的な発言を定期的に行っていると指摘した。
ロシア軍 - Sputnik 日本, 1920, 22.04.2022
ウクライナをめぐる情勢
特殊作戦の第2段階におけるロシアの目的はドンバスとウクライナ南部の管理
さらにキリロフ中将は、「ロシア連邦が2017年9月27日に化学兵器を完全に破壊したことは、化学兵器禁止機関(OPCW)の証明書で確認できる」と述べた。
また同氏は、「化学兵器の開発、生産、貯蔵及び使用の禁止並びに廃棄に関する条約(CWC)」の加盟国の中で、米国は現在に至るまで化学兵器を保有している唯一の国だと指摘した。
関連ニュース
「露・ウクライナ首脳会談はトルコで」=エルドアン大統領、実現に意欲
世界は現在、歴史の中で最も危険な時期にある=トランプ氏
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала