ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

EU、対露制裁第6弾を導入の意向 ロシアのエネルギー部門に影響=欧州委員会副委員長

© AP Photo / Yves LoggheEU制裁
EU制裁 - Sputnik 日本, 1920, 25.04.2022
欧州連合(EU)は、ロシア産石油の輸入に影響を及ぼす対露制裁の第6弾を準備している。欧州委員会のヴァルディス・ドムブロウスキス上級副委員長が明らかにした。
ドムブロウスキス氏は、英紙タイムズのインタビューに対し「我々は制裁の第6弾に取り組んでおり、検討中の問題の1つは、何らかの形による石油禁輸だ。制裁を導入する際、我々はロシアへの圧力を強化するような方法で行わなければならないのだが、一方で我々自身への損害を最小限に抑えなければならない」と述べた。
シュレーダー元独首相 - Sputnik 日本, 1920, 24.04.2022
ウクライナをめぐる情勢
元独首相がロシア産燃料の禁輸措置に反対、ロシアの孤立は不可能
ドムブロウスキス氏によると、ロシア産石油に関する制裁の詳細はまだ合意に至っていない。同氏は、制裁にはロシア産石油の段階的な輸入停止や、一定の価格上限を超える輸出に対する関税の導入が含まれる可能性があると指摘した。
EUは、ほぼ完全に外部からのガス輸入に依存している。欧州委員会(EC)が以前報告したところによると、ロシアは2021年、EUの輸入先の約45%を担う主要なガス供給国だった。ECのフォン・デア・ライエン委員長は、2027年までにEUのロシア産ガス、石油、石炭への依存をどのように解消するかという計画について、5月中旬までに提示する予定だと話している。
関連ニュース
欧州はロシア産ガスなしでは6か月も持たない=IMF欧州局長
米国とEU ロシア産石油の輸入制限に向け採択可能な措置を協議=メディア
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала