ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ロシアによるウクライナでの化学兵器使用を確認できず=ブリンケン国務長官

© Sputnik / Russian Foreign Ministry / フォトバンクに移行ロシアによるウクライナでの化学兵器使用を確認できず=ブリンケン国務長官
ロシアによるウクライナでの化学兵器使用を確認できず=ブリンケン国務長官 - Sputnik 日本, 1920, 29.04.2022
米国のアンソニー・ブリンケン国務長官は、米国がロシアによるウクライナでの化学兵器の使用の事例を確認できなかったことを認めた。
ブリンケン国務長官はこれらの西側諸国の主張について新しい情報があるかどうか尋ねられたとき、そのような問題は密室で議論されるべきと述べた。
ブリンケン国務長官は「化学兵器の使用を確認できなかった。それにもかかわらず、我々はこの問題に注力している」と語った。一方、同氏は使用される可能性のある化学薬品にはさまざまな種類があると指摘した。
イリーナ・ヤロバヤ氏 - Sputnik 日本, 1920, 20.04.2022
ウクライナをめぐる情勢
ウクライナへの化学兵器対応の防護マスクやドローン提供の目的について日本は説明すべき=露下院副議長
これより前、在米ロシア大使館は、米国務省のプライス報道官がウクライナでロシアが化学兵器を使用する可能性があると述べたことについて、ロシア軍は化学兵器を保有しておらず、ロシア国内に残っていた化学兵器は2017年にすべて廃棄されたと発表していた。
関連ニュース
ロシアがウクライナで化学兵器を使用した場合、西側は「劇的な措置」で対応する=独ショルツ首相
日本 ウクライナに防護マスクやドローンを追加提供
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала