ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

米国がウクライナで制御可能なエピデミックを研究=露国防省

© 写真 : Fotolia / Victor Moussa米国がウクライナで制御可能なエピデミックを研究=露国防省
米国がウクライナで制御可能なエピデミックを研究=露国防省 - Sputnik 日本, 1920, 11.05.2022
ロシア軍放射線・化学・生物学防護部隊のイーゴリ・キリロフ中将は、米国のウクライナにおける生物兵器プログラムの実現について、情報を得て確認したと明らかにした。このプログラムの目的は、特定の地域において制御可能なエピデミックを作り出す可能性を研究することだとしている。
キリロフ中将は、露軍の特殊軍事作戦がウクライナにおける米国の生物兵器の拡大を断ち、民間人に対する許しがたい実験を止めたと指摘した。
そのうえでキリロフ中将は「我々は第一精神病院(ハリコフ州ストレレーチエ村に所在)における、ペンタゴン(米国防総省)によるウクライナ国民に対する非人道的な実験の詳細を暴露する証拠を入手した。被験者の主なカテゴリは身体的に衰弱した40~60歳の男性患者らだった」と話した。
露国防省 - Sputnik 日本, 1920, 14.04.2022
ウクライナをめぐる情勢
ウクライナ科学技術センターは米国の軍事生物学活動の場 440億円超が注入 露国防省
さらにキリロフ将軍は、ウクライナの国家体制は違法な活動やフィールドリサーチの隠匿を含む、米国の生物兵器プログラムに引き込まれていると指摘。
このほか、米国はウクライナにおける生物兵器プログラムにおいて、ウクライナ東部の要衝マリウポリを病原体に関する活動の地域における中心として利用したとしている。
また、選別された病原株は、米国に送るためキエフの公共衛生センターに発送されたとしている。
露国防省 - Sputnik 日本, 1920, 26.03.2022
ウクライナをめぐる情勢
露国防省、国外における米国の生物兵器開発に関するプレゼンテーションを行う
キリロフ中将は、このように米国防総省が実質的に国際社会が制御できない実験のための演習場と国際企業の高技術な能力を利用し、生物兵器の製造だけでなく、抗微生物薬耐性や特定地域の住民の感染症に対する抗体についての知識を得るなどして、研究ポテンシャルを著しく上昇させたと指摘した。
関連ニュース
ウクライナでの米国の生物学プログラムは独ナチの第三帝国を継承 露安全保障会議
原子爆弾を作ったロスアラモス研究所がウクライナ軍事生物学プログラムを監修 露国防省
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала