ミケランジェロの絵画、30億円超で落札 仏・パリ

© AFP 2022 / Emmanuel Dunand 2300万ユーロで落札されたミケランジェロのペン画
2300万ユーロで落札されたミケランジェロのペン画 - Sputnik 日本, 1920, 19.05.2022
18日、ルネサンス期を代表するイタリアの画家、ミケランジェロ・ブオナローティが描いたペン画が、仏パリのオークション会場「Christie`s」でミケランジェロの作品としては最高価格の2300万ユーロ(30億9000万円相当)で落札された。これは2000年に落札の「復活したキリスト」につけられた950万ユーロの記録を塗り替えた。仏テレビ「France24」が伝えている。
「France24」の報道によるとこのスケッチは15世紀末ごろのもので、茶色のインクを用い、鵞ペンで描かれている。2人の人影を背景に裸の男性が描かれている。これはミケランジェロが21歳だったころの作品で、現在知られているミケランジェロの裸体画の中では初めて描かれたものとされている。
サルバドール・ダリ - Sputnik 日本, 1920, 15.05.2022
失われたダリ作のキリスト像見つかる 米ハワイ
この作品がミケランジェロのものだと判明したのは2019年で、仏の個人コレクションのなかから見つかった。同年9月には仏の国宝に指定され、30カ月は国外への持ち出しが禁止されたことにより仏政府や美術館が購入の機会を得た。だが、どこからもオファーがなかったため、オークションへ向け関心を集めるためここ数週間にわたって香港やニューヨークでの展示されていた。
個人所蔵のミケランジェロの作品は世界に10つもないという。最後にこの作品が売りに出されたのは1907年だった。
関連ニュース
ラベンダーの家に氷河時代:天の川写真コンテスト2022受賞作品
ポップアートの巨匠、ウォーホル氏の作品が約250億円で落札
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала