OPEC、原油掘削の交渉でロシアの参加停止を検討=米WSJ

© AFP 2022 / JOE KLAMAROPEC(石油輸出国機構)
OPEC(石油輸出国機構) - Sputnik 日本, 1920, 01.06.2022
OPEC(石油輸出国機構)の一部加盟国は西側の制裁に背景に、OPECプラスが進める原油掘削量の引き上げに関する交渉にロシアを一時的に参加させない可能性を検討している。米紙WSJ(ウォールストリート・ジャーナル)がOPEC代表団の証言を引用して報じた。
報道によると、OPECの加盟国は西側による制裁と部分的な欧州の禁輸措置によりロシアの掘削能力が制限されることから、原油掘削量の交渉にロシアを一時的に参加させない可能性を検討しているという。ロシアは2021年、OPEC加盟国、及び OPECに加盟しない9カ国との間で調印を交わし、原油掘削量の引き上げについて合意していた。ただし、WSJによるとロシアの掘削量は2022年およそ8%近く減少するという。
サハリン2タンカー - Sputnik 日本, 1920, 30.05.2022
サハリン2プロジェクトに日本をはじめとする外国企業は残るのか オピニオン
OPECプラスは2020年5月、新型コロナウイルスのパンデミックを背景に原油の掘削量を日量970万バレル減少させることで合意していた。OPECプラスは2021年8月から毎月、1日あたりの掘削量を40万バレルずつ上昇させることで合意していた。2022年5月からは43万2000バレルに拡大されていた。
OPECプラスの次回会合は6月2日に開催される。
関連ニュース
EUのロシア産石油一部禁輸合意を「歓迎する」=松野官房長官
イーロン・マスク氏、再生可能エネルギー分野における中国の成果を指摘
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала