ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

バイデン大統領、ウクライナでの目的について言及 「ロシアとの戦争を望んでいない」 

© Sputnik / Pavel Bednyakov / フォトバンクに移行米国のジョー・バイデン大統領
米国のジョー・バイデン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 01.06.2022
米国のジョー・バイデン大統領は、ニューヨークタイムズ紙に寄稿し、その中で、「米国はウクライナが『繫栄』した『民主的』な国になることを志向しており、ロシア軍が米国およびその同盟国を攻撃しない場合、ロシアとの戦争が目的となることはない」と語った。
同大統領は、ウクライナ危機において、「米国の目的は明白」と述べた。米国政府は、ウクライナが「民主的で、独立した、主権のある、繁栄した国」と見る必要がある。また、同大統領は記事の中で、ロシアに領土譲歩をするように、米国がウクライナに圧力をかけるつもりはないと述べた。
バイデン大統領は、ロシア軍が米国またはその同盟国を攻撃した場合にのみ、米国は直接紛争に参加することになると強調した。
多連装ロケット砲ハイマース - Sputnik 日本, 1920, 01.06.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
米国がウクライナに供与する多連装ロケット砲の射程は80km、ロシア領は攻撃対象とせず=ホワイトハウス
「私たちは北大西洋条約機構(NATO)とロシアが戦争することを望んでいない。米国または同盟国が攻撃されないうちは、私たちはこの紛争に直接参加することはなく、ウクライナでの戦闘のために米軍を派遣することはない。ロシア軍を攻撃することもない」
また、バイデン大統領は、米国はウクライナが自国領外に攻撃を行うことを支持しないと強調した。
関連ニュース
ロシア産穀物と肥料の輸入拡大に向けて米国が企業を奨励=米国連大使
バイデン氏「ウクライナに露攻撃可能なミサイル供給せず」
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала