ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

仏大統領、ウクライナ情勢で露大統領と100時間近く交渉「ロシアを貶めてはならない」

© Sputnik / Sergei Gneev / フォトバンクに移行仏大統領、ウクライナ情勢で露大統領と100時間近く交渉「ロシアを貶めてはならない」
仏大統領、ウクライナ情勢で露大統領と100時間近く交渉「ロシアを貶めてはならない」 - Sputnik 日本, 1920, 04.06.2022
エマニュエル・マクロン仏大統領はフランス・メディアの取材に応じた中で、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領とウクライナ情勢を巡って100時間近く電話会談したことを明らかにした。
マクロン大統領は2021年12月以降、ウクライナ情勢を巡りプーチン大統領との電話会談におよそ100時間近く費やしたという。マクロン大統領はプーチン大統領と会談を行っていることを隠しておらず、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領の要請でもロシア側との連携を続けてきたとのこと。取材の中でマクロン大統領は次のように発言した。
「戦闘行為が終わる日に外交手段によって出口を見つけられるよう、ロシアを貶めてはならない」
マクロン大統領によると、フランスの役割は仲裁国としての立場を維持し続けることだという。
関連ニュース
米国が旧ソ連製ヘリをウクライナに供与、ロシア側が抗議
西側がウクライナ抜きで危機の政治的合意を議論=CNN
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала