ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ロシア、代替市場への石油販売を拡大=露ラブロフ外相

© Sputnik / Alexander Vilf / フォトバンクに移行露ラブロフ外相
露ラブロフ外相 - Sputnik 日本, 1920, 05.06.2022
ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、ロシアは2022年、欧州連合(EU)への石油の海上輸送が制限される一方で、エネルギー輸出による利益を大幅に増加させ、ロシア政府は代替市場での販売を増加させるとし、原油価格を考慮すると、ロシアの予算に損失はないだろうと表明した。
ラブロフ外相は、ボスニア・ヘルツェゴビナおよびセルビアの「スルプスカ共和国ラジオ・テレビ放送局」のインタビューに対し、次のように語った。
「(EUによる対露制裁の)『第6パッケージ』はというと、海上輸送による石油の輸出制限だ。石油は政治には大きく左右されず、需要がある。石油市場は政治の『指図』や、『気まぐれ』には従わない。我々には代替市場があり、そこではすでに売上を伸ばしている」
ウクライナ産穀物輸出には港の機雷撤去が必要=プーチン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 04.06.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ウクライナ産穀物輸出には港の機雷撤去が必要=プーチン大統領
また、ラブロフ外相は「欧米の政策の結果として確立された物価水準を考慮すれば、予算の損失はない。それどころか、今年はエネルギー資源の輸出による収入を大幅に増やす」と付け加えた。
EU首脳は先月30日、ベルギー・ブリュッセルでの首脳会議初日の総括として、対露制裁第6弾のパッケージにロシア産石油の一部禁輸を含むことで合意した。パイプラインを介した石油の輸入は制裁の対象とはならず、海上輸送によるロシア産石油が制裁の対象となる。欧州委員会のウルズラ・フォン・デア・ライエン委員長によれば、2022年末までにEUはロシア産石油の輸入を事実上90%近く削減する。
関連ニュース
燃料費の高騰が支持率に影響か、限定価格でロシア産原油の購入を許可する可能性を検討
OPEC、原油掘削の交渉でロシアの参加停止を検討=米WSJ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала