ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ウクライナ産穀物輸出には港の機雷撤去が必要=プーチン大統領

© Sputnik / Sergei Guneev / フォトバンクに移行ウクライナ産穀物輸出には港の機雷撤去が必要=プーチン大統領
ウクライナ産穀物輸出には港の機雷撤去が必要=プーチン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 04.06.2022
ウクライナ側が黒海の港から機雷を撤去すれば穀物を搭載した船舶は問題なく出航できる。また機雷が撤去されてもロシア側が港を攻撃することはない。ウラジーミル・プーチン大統領が「ロシア24」テレビの生中継で表明した。
プーチン大統領は港に機雷を設置したウクライナ側の行動を非難した。ウクライナ側が機雷を解除すれば穀物を搭載した船は問題なく出航できるほか、ロシア側は黒海の安全な通過を約束している。そのためには機雷撤去に加え、港への接近を困難なものとするために沈めた船の引き揚げ作業が必要となる。そしてウクライナ側が機雷を撤去しても、ロシア側がこれに乗じて港を攻撃することはないと約束した。また、陸路で穀物を輸送する場合、ベラルーシ経由が最もコストパフォーマンスが高いと指摘した。ベラルーシからはバルト海を通じて船で輸送することが可能となっている。ただし、そのためには西側がベラルーシに発動している制裁の解除が必要となる。
ロシア産穀物と肥料の輸入拡大に向けて米国が協力=米国連大使 - Sputnik 日本, 1920, 01.06.2022
ロシア産穀物と肥料の輸入拡大に向けて米国が企業を奨励=米国連大使
プーチン大統領は世界的な食糧危機に対する懸念の高まりを受け、小麦の輸出量を 現在の年間3700万トンから年間5000万トンにまで引き上げると約束した。
また、ロシアの肥料に制裁が発動されていることから、西側が状況をさらに悪化させていると批判し、速やかな制裁解除を求めた。米国は当初、肥料にも制裁を発動していたものの、後にこれを解除した。一方、EU(欧州連合)は依然として制裁を解除していない。
関連ニュース
西側がウクライナ抜きで危機の政治的合意を議論=CNN
食糧危機の解決にはロシアとウクライナからの輸出が必要=国連事務総長
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала