日本「サハリン1、2プロジェクトはエネルギー安保上重要」=エネルギー白書

© Sputnik / Sergey Krasnouhov / フォトバンクに移行サハリン
サハリン - Sputnik 日本, 1920, 07.06.2022
日本はサハリン1およびサハリン2プロジェクトへの参加は、日本のエネルギー安全保障上、極めて重要であるとみなしており、撤退は予定していない。日本の資源エネルギー庁のホームページで公開されている年次報告書「エネルギー白書」で述べられている。
7日、「令和3年度エネルギーに関する年次報告」が閣議決定・国会報告された。
文書では、次のように指摘されている。
「日本の脆弱なエネルギー供給構造の中で、ロシアからの原油及びLNGの輸入は、それぞれ日本の輸入量全体の3.6%、8.8%であり、この太宗を占めるサハリン1・2は、日本にとって重要な供給元となっている。サハリンからのエネルギー輸送は、中東を始めとする他の国や地域と比べて、日本との距離が非常に近い」
日本の萩生田経済産業相 - Sputnik 日本, 1920, 31.05.2022
「サハリン2」、どけと言われてもどかない=萩生田経産相 
さらに、文書ではこのように強調されている。
「日本がサハリン1・2から撤退し、日本の権益をロシアや第三国が取得する場合、日本のエネルギー安全保障を害することとなる可能性がある。より具体的には、仮にロシアに権益が渡ることになった場合は、ロシアはより高価格で当該権益からの生産物を第三国や市場で売却することで、より多くの外貨を稼ぐことになる。制裁に参加しない第三国に権益が渡る場合も、同様に彼らを利することになる」
これに関連し、「対ロ制裁の実効性及び長期的なエネルギー安定供給確保の観点から、岸田内閣総理大臣はサハリン1・2の権益は維持する方針を示している」とも述べている。
サハリン2タンカー - Sputnik 日本, 1920, 30.05.2022
サハリン2プロジェクトに日本をはじめとする外国企業は残るのか オピニオン
同時に、日本政府は「代替ルートを確保し」、ロシアの石油輸入への依存を減らすことを目指すとしている。
サハリン2のオペレーターは、サハリン・エナジーで、ガスプロム社が50%プラス1株、ロイヤル・ダッチ・シェルが27.5%マイナス1株、三井物産が12.5%、三菱商事が10%の株を保有している。サハリン2で生産するLNG(液化天然ガス)の多くの部分が日本へ出荷されている。
関連ニュース
日本政府、UAEに石油増産要請
ロシア、エネルギー分野で日本と協力の用意=露外務省
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала