国際企業、ロシア撤退で約600億ドルの損失=WSJ

© Sputnik / Mikhail Voskresenskiy / フォトバンクに移行モスクワ、マクドナルド
モスクワ、マクドナルド - Sputnik 日本, 1920, 11.06.2022
ロシアからの撤退や制裁により、国際企業は590億ドル(約7兆9000億円)以上の損失を被った。ウォール・ストリート・ジャーナルが企業の公表資料や財務書類をもとに算出した。
ウクライナ情勢を受け、西側諸国はロシアに対し経済制裁を発動した。これに関連して、多くの国際企業がロシアでの完全または一時的な業務停止を発表した。現地の起業家に資産を譲渡する企業もあった。
資産の償却は、幅広い業種の企業に影響を及ぼした。これらの企業は、経済の弱体化や現地の顧客数の減少により、ロシア資産の減価償却に直面し、損失を計上した。
バイデン米大統領 - Sputnik 日本, 1920, 11.06.2022
バイデン氏、米国での記録的なインフレを「プーチンの値上げ」と関連付ける
例えば、ファストフードチェーンのマクドナルドは、ロシアでの事業売却後に12〜14億ドルの損失を計上すると見込んでいる。石油・ガス会社エクソンモービルは、ロシアでの事業停止後、34億ドルの損失となった。酒造会社アンハイザー・ブッシュ・インベブSAは、ロシアの合弁会社ABインベブ・エフェスの株式を売却し、11億ドルの損失を計上した。
米リスクコンサルティング会社クロールのマネージングディレクター、カーラ・ヌネス氏によれば、今回の各社の損失は最終的なものではないという。同紙では「危機が続けば、さらに財政的な影響が出るかもしれない」というヌネス氏の言葉が引用されている。
関連ニュース
韓国企業「ロシアから撤退の外資を買収」表明 対象には日本企業も
モスクワの丸亀、新ブランド「マル」に改名
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала