円相場がさらに値下がり、1ドル135円台に 20年4か月ぶり

日本円 - Sputnik 日本, 1920, 13.06.2022
13日、東京外国為替市場ではさらに円安が進み、円相場は一時、1ドル=135円台まで値下がりした。20年4か月(2002年2月以来)ぶりの水準を記録した。日本の各メディアが報じている。
東京外国為替市場では13日午前、円相場は一時1ドル=135円台に下落した。2002年2月以来、約20年4カ月ぶりの安値を更新した。
NHKの指摘によると、米連邦準備制度理事会(FRB)がインフレ抑制のため金融引き締めの姿勢を強めているのに対し、日本銀行は今の大規模な金融緩和を続ける方針で、日米の金利差がさらに拡大するという見方が背景にある。
また、先週末に発表された米国の5月の消費者物価指数の伸び率が40年5カ月ぶりと記録的な水準となり、米国の利上げが加速するのではないかという観測が出ていることも円安が一段と進む要因となったという。
関連ニュース
「急速な円安を憂慮」、日本政府・日銀が異例の声明
黒田日銀総裁の「値上げ許容度」発言に野党、日本国民から痛烈な批判
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала