メルケル独元首、ロシアによる「ノードストリーム2」の武器としての使用を否定

© Sputnik / Alexey Nikolskiメルケル独元首、ロシアによる「ノードストリーム2」の武器としての使用を否定
メルケル独元首、ロシアによる「ノードストリーム2」の武器としての使用を否定 - Sputnik 日本, 1920, 19.06.2022
ドイツのアンゲラ・メルケル元首相は、RedaktionsNetzwerk Deutschlandとのインタビューで、ロシアがガスとパイプライン「ノードストリーム2」を武器として使用しなかったと表明した。
メルケル氏はガスパイプラインを建設する決定について「私は貿易による変化ではなく、世界で2番目に大きい核保有国との貿易による関係を信じていた」とコメントした
同氏は、ロシアが「ノードストリーム2」の打ち上げ直後にウクライナガス輸送システム経由のガス輸送を停止するという説があったため、この決定は難しかったと強調した。その結果、西側はトランジットの保存を達成した。
メルケル氏は、ウクライナでのロシア軍の特殊作戦の開始時に、「ノードストリーム2」が開始されなかったことを指摘し、「その意味で、ガスは武器ではなかった」と述べた。
メルケル元首相、ウクライナ危機の調停に参加しない理由を語る - Sputnik 日本, 1920, 08.06.2022
ウクライナをめぐる情勢
メルケル元首相、ウクライナ危機の調停に参加しない理由を語る
メルケル氏は、中東や米国からのLNG(液化天然ガス)ではなく、ロシアからパイプラインガスを購入することはドイツにとって有益だったと付け加えた。同氏によると、当局はLNGを受け入れるためのターミナルを建設する準備ができていると指摘したが、LNGの価格が高すぎるため、ドイツの企業はそのようなプロジェクトを引き受けなかった。
これより前、ドイツのオラフ・ショルツ首相は、dpaとのインタビューで、ドイツがパイプライン「ノルドストリーム」での供給を制限する技術的問題を排除するために可能な限りのことをするだろうと表明していた。
関連ニュース
欧州でガス不足、冬の備蓄に手を出す=米報道
ドイツ、6人に1人が食事制限 インフレ加速で
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала