ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

米供与の「ハイマース」「ハープーン」の撃破数が明らかに=ショイグ露国防相

© Sputnik / Sergey Mamontov / フォトバンクに移行米供与の「ハイマース」「ハープーン」の撃破数が明らかに=ショイグ露国防相
米供与の「ハイマース」「ハープーン」の撃破数が明らかに=ショイグ露国防相 - Sputnik 日本, 1920, 03.08.2022
これまでにロシア軍はウクライナにおける特殊軍事作戦で、米がウクライナ側に提供した多連装ロケット砲「ハイマース」を6基、計200本のロケットを撃破した。33基の牽引式榴弾砲「M777」、5基の対艦ミサイルシステム「ハープーン」も破壊した。ロシアのショイグ国防相が明らかにした。
ショイグ国防相は「制御のないウクライナへの西側の兵器供与は、地域の安全保障を大きく脅かしている」と強調した。
ロシア外務省のザハロワ報道官 - Sputnik 日本, 1920, 02.08.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
米国は武器提供だけでなくウクライナで砲手の機能も果たしている=ザハロワ露外務省報道官
このほか、直近2週間でウクライナ側は396の西側諸国が供与した対戦車ミサイルシステム「ジャベリン」「NLAW」、125の携帯式防空ミサイルシステム「スティンガー」を失ったという。
ウクライナ軍は、6月末からドンバス地方で米国のミサイルシステム「ハイマース」の使用を開始した。
関連ニュース
ウクライナへのハイマース供与の真の目的=専門家の見解
ロシア軍将校、防空軍はいかにハイマースの迎撃方法を習得したかについて語る
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала