02:19 2020年10月31日
アジア
短縮 URL
韓国領内への米ミサイル防衛システム THAADの配備 (50)
1132
でフォローする

13日、米国と韓国が米国のミサイル防衛(MD)システムTHAADの配置先に決定した韓国の慶尚北道星州郡の住民が、THAAD配置に反対する抗議を行った。

聯合ニュースによると、星州郡での抗議デモの参加者は5000人。

デモの参加者たちは、自分たちの土地に米国のミサイルを配置する計画は地元住民の合意を得る「誠実で透明」なプロセスを素通りして承認されたため、違法であると考えている。

星州郡に米国のMD構成要素を配置する決定は突然発表され、住民の不安を呼んだ。

抗議デモの参加者たちは特に、THAADシステムの強力なレーダーによる人体への影響を懸念している。なお当局側は、これらの懸念は「事実無根」であるとしている。

抗議デモのあと、星州郡庁の指導部は、韓国国防省に抗議するためソウルへ向かった。

米国防総省は7日、米韓は朝鮮民主主義人民共和国からの脅威に対抗するために韓国領内への米ミサイル防衛システム THAADの配備に合意したことを明らかにした。

米国防総省の声明では「韓国と米国は韓国およびその国民の安全確保のための防衛手段として、また朝鮮民主主義人民共和国の大量破壊兵器および弾道ミサイルから(両国の)アライアンスの軍事力を守るため、THAAD配備の決定を採択。」

これに対して中国外務省は断固とした抗議声明を表し、米韓両国に対しこのプロセスを停止するよう執拗に呼びかけた。中国外務省はこの決定は朝鮮半島の非核化という目的達成も半島の平和と安定の確保も促さないと指摘している。

一方で日本は米韓のTHAAD配備の決定を歓迎。 萩生田 光一内閣官房副長官は東京での記者会見で政府のこうした見解を発表した。

トピック
韓国領内への米ミサイル防衛システム THAADの配備 (50)
タグ
ミサイル, 韓国, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント