06:54 2021年09月24日
アジア
短縮 URL
183
でフォローする

中国の王外相はティラーソン米国務長官との会談で、北朝鮮を交えた6カ国協議を再開することを呼びかけ、朝鮮半島の問題の本質は米国と北朝鮮の意見の相違にあると強調した。

スプートニク日本

王外相は、「国連の北朝鮮をめぐる全ての決議はどんどんと厳しい制裁を含んでいたのに関わらず、それらは半島での情勢を抑制し、安定を保障するための6カ国協議再開のための条件を作ることもまた、はっきりと呼びかけていた。これは制裁を実施するのと同時に、協議を再開するという全諸国の義務だ」と述べた。

王外相はまた、朝鮮半島の核問題の本質は、北朝鮮と米国の意見の相違にあり、中国は問題解決の捜索と米朝関の対話のための条件を保障するために「大きな貢献」をしたと強調した。

先に、ティラーソン米国務長官は、北朝鮮封じ込めのために核武装を含む東アジアの同盟国の今後の軍備増強、との可能性を除外しないと発言。

タグ
中国, 北朝鮮, 米国, 王毅
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント