02:29 2019年11月13日
北朝鮮ミサイルはICBM 高度約4500キロが過去最高=初期分析

北朝鮮ミサイルはICBM 過去最高高度に到達=初期分析

© REUTERS / KCNA
アジア
短縮 URL
122
でフォローする

米国防総省は29日、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が発射したミサイルについての初期分析の結果を発表した。ミサイルは大陸間弾道ミサイル(ICBM)1発だとみられている。共同通信が伝えた。

スプートニク日本

韓国軍合同参謀本部によると、今回発射されたミサイルは高度約4500キロまで達した。水平方向へは約960キロ飛行したとみられるとしている。小野寺防衛相はミサイルの高度について「過去最高の高さにまで打ち上げた」と述べた。

NHK によると、日本防衛省は弾道ミサイルが通常より発射の角度を上げて高く打ち上げる「ロフテッド軌道」で発射されたと推定した。

先ほど、日本の菅官房長官は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が29日早期、弾道ミサイル3つを発射したことを受け、緊急の記者会見で弾道ミサイルは日本の排他的経済水域内(EEZ)に落下するとみられると確認した。

関連記事

韓国が北朝鮮の実習用標的にミサイル攻撃 北のミサイルへ報復

北朝鮮 不審な弾道ミサイルを発射=聯合ニュース

タグ
ミサイル, 日本, 北朝鮮, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント