06:46 2018年02月19日
東京+ 3°C
モスクワ-3°C
    北朝鮮ミサイルの弾頭、大気圏再突入時に分解か

    北朝鮮ミサイルの弾頭、大気圏再突入時に分解か

    © REUTERS/ KCNA
    アジア
    短縮 URL
    214

    米CNNテレビは3日、米政府の関係者の話として、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)による11月29日に発射した弾道ミサイルの弾頭が大気圏に再突入した際、複数に分解した可能性が高いと報じた。NHKが伝えた。

    スプートニク日本

    CNNテレビによると、北朝鮮の再突入技術には依然課題がある。

    NHKが伝えたところによると、北朝鮮が7月にICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射実験の成功を発表した際、再突入技術を証明したと強調したが、米国の専門家がNHKに撮影された映像を分析し、弾頭の部分が分解した可能性があると指摘した。

    北朝鮮は11月29日早朝、弾道ミサイルの発射実験を行った。米国防総省が発表したミサイルについての初期分析の結果では、発射されたのは大陸間弾道ミサイル(ICBM)1発。韓国軍合同参謀本部の分析では、高度約4500キロまで達し、水平方向へ約960キロ飛行したとみられている。

    タグ
    ミサイル, 北朝鮮, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント