09:52 2018年07月18日
北朝鮮、米副大統領との会談中止

北朝鮮、米副大統領との会談中止

© AFP 2018 / Odd ANDERSEN
アジア
短縮 URL
210

米副大統領の事務所は20日、ペンス副大統領が平昌冬季五輪に合わせて訪韓した際、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の代表者と会談する予定だったが、北朝鮮がこれを中止したと発表した。ロイター通信などが伝えた。

スプートニク日本

米副大統領首席補佐官のニック・エイヤーズ氏は「北朝鮮の残忍な体制を五輪での写真撮影でごまかそうとする正恩氏の狙いを、トランプ政権は阻止する。北朝鮮が会談を中止したのはそのためかもしれないし、そもそも誠実な姿勢ではなかったのかもしれない」と説明した。

米ワシントン・ポストによると、北朝鮮はペンス氏との会談を開始の2時間前に中止した。ペンス氏が2月10日に金正恩朝鮮労働党委員長の妹の金与正氏や金永南・最高人民会議常任委員長と会談する予定だった。

先の報道によると、ペンス氏は12日に同紙のインタビューで「(北朝鮮に対して)最大限の圧力をかけるキャンペーンは続き、より集中的なものとなるだろう。だが対話を望むならば、我々は話をするだろう」と北朝鮮との対話の用意を表した。

タグ
マイク・ペンス, 北朝鮮, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント