10:10 2020年07月05日
アジア
短縮 URL
0 01
でフォローする

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の朝鮮中央通信は11日、金正恩最高指導者が10日に「新兵器」の試験発射を現地指導したと伝えた。

報道によれば、北朝鮮の科学者は「もう一つの新しい兵器システムを完成した」。また、金氏は「新しい兵器は既存の兵器とは異なるすぐれた戦術的な特性を持っている」と述べた。

北朝鮮が東部のハムギョン(咸鏡)南道ハムン(咸興)付近から日本海に向けて飛しょう体を2回発射した。その後、韓国大統領府は北朝鮮が発射した飛しょう体について短距離弾道ミサイルと判断した。

関連ニュース

タグ
武器・兵器, ミサイル, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント