22:30 2019年09月19日
中国人

中国の出産規制が年金システムに影響=専門家

© AFP 2019 / Johannes Eisele
アジア
短縮 URL
0 12
でフォローする

国際的な専門家らは、「一人っ子政策」による30年来の出産規制のネガティブナな影響から、中国は急激な高齢化に直面したと指摘している。若い労働力の割合は国内の年金生活者の増大を保障しておらず、年金支給に関して危機的な状況が生まれている。

米国のウェブサイト「マーケット・ウォッチ」は、中国の年金システムは、米国内のように、高齢世代の需要はより多くの若い国民の給与控除によって賄われることを前提としていると指摘する。しかし、中国では急激な人口の高齢化と労働人口の出産規制政策の長期化から、年金システムが健全に機能しなくなっている。

2016年に中国当局は、子どもの出産数の限度を1家族2人までに広げた。医療系雑誌『ランセット』の専門家らはこの事実を肯定的に評価した。しかし、彼らの計算によれば、中国での人口統計の増大はまだすぐには始まらない。

労働力の減少は2030年まで継続することが予想される。


英国のNGO組織「ヘルプ・エイジ・インターナショナル」は、中国の年金システムの状況に否定的影響となるある原因を指摘している。


それは長寿者の増大だ。専門家らによれば、長寿そのものは素晴らしいことだが、しかし、中国の高齢者の生活水準は世界各国と比較して極めて低い。中国の都市部で貧困状態にある60歳以上の年齢の割合は4.6%。他国の平均は3.4%。農村部での割合は22.3%で、世界的平均は7.8%だった。

タグ
高齢者, 高齢, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント