10:09 2019年12月12日
ドゥテルテ大統領

高精度スナイパーライフルT-5000 ドゥテルテ大統領に贈呈

© REUTERS / Ezra Acayan
アジア
短縮 URL
0 31
でフォローする

ロシアの兵器開発企業「ORSIS」のウラジーミル・ズロービン社長は、スプートニク通信社とのインタビューで、フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領が10月にロシアを訪問した際に、同社は高精度スナイパーライフルT-5000を贈呈したことを明らかにした。

ズロービン社長は「今や世界の指導者たちでさえ、多くの人が我が社の武器を持っている。2019年10月にフィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領がロシアを訪問した際、大統領にスナイパーライフルT-5000を贈呈した。大統領にはこの贈り物はとてもお気に召されたようだ」と述べた。

また、ORSIS  社のズロービン社長は、現在、Т-5000はアラブ首長国連邦の首長たちにも多く買い上げられ、その武器コレクションの中に含まれていると付け加えた。

Т-5000は、対テロ部隊の狙撃兵器として2011年に設計され、2017年にはロシアの特殊作戦軍、連邦保安局、連邦警察庁、国家親衛隊に軍備されている。

最近、Т-5000には.375 シャイタック(9,5х77 ммライフル実包)が装備された。今までТ-5000に実装されていたライフル実包.338ラプア・マグナムの最大射程距離は1500mだが、375 シャイタックの場合、最大射程距離は2キロを超えている。

関連記事

タグ
軍事, フィリピン, ロドリゴ・ドゥテルテ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント