00:34 2020年05月26日
アジア
短縮 URL
0 20
でフォローする

香港で23日ぶりに新型コロナウイルスの新規感染者が確認された。13日、サウスチャイナ・モーニング・ポストが報じた。

感染したのは66歳の女性で、最近の海外渡航歴はない。女性の親族8人が入院、そのうち数人に新型コロナの症状がみられるという。

新規感染者が確認されたことで新型コロナウイルスの流行第2波の懸念が高まった。

香港の感染者は計1048人、死者は4人。過去数週間に市内で確認された新型コロナウイルスの感染事例はごくわずか。

香港では先週、公務員が職場勤務を再開し、美術館・博物館、図書館、バー、映画館、スポーツジム、美容室などの営業も再開された。5月27日からは学校も再開される。

関連ニュース


経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント