09:47 2020年11月25日
アジア
短縮 URL
0 17
でフォローする

韓国の報道機関では北朝鮮指導者の金正恩委員長の妻・李雪主氏が失踪したと話題になっている。サイト「デイリーNK」によれば、北朝鮮の指導者の妻がすでに9ヶ月以上聴衆の前に姿を現せていないという。

北朝鮮の国営通信で最後に李雪主氏について報じたのは、2020年1月25日だった。その際、同氏は金委員長とともに新年のイベントのため平壌の劇場に赴いている。その時以来、彼女の姿を見ることはなくなった。また彼女は、金日成広場で10月10日に開催された軍事パレードにも出席していない。

デイリーNKの北朝鮮の情報筋は、聴衆の前から李雪主氏が姿を消したいくつかの原因について指摘する。第1は、彼女は金正日氏の妹で病気が予想される金敬姫氏の看病を行っているというもの。第2は、彼女自身の健康問題の可能性。

他の情報によれば、李雪主氏は新型コロナウイルスの拡大のため公の場に出るのを止めているという。

また、彼女は今年学校に入学した娘の教育を行っていることから、聴衆の前に姿を現していないのだという憶測もある。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント