23:06 2021年04月23日
アジア
短縮 URL
0 10
でフォローする

特定グループへの突然の点検で朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)のある未成年者が拘束された。このグループは「誤った」行動を監視するために創設された。この未成年者は両親が外出した夜にポルノ動画を視聴した。点検はこの間に国内で採択された「アンチ反動思想」に関する法律に基づき行なわれた。サイト「デイリーNK」が報じた。

同法は昨年末に採択されたもので、北朝鮮当局が秩序違反への罰則と規制の強化を図ったもの。報道によれば、法律はポルノ動画や書籍、画像、絵画の視聴と保存に対し5年から最大15年の矯正労働の罰則を課している。

禁止対象を普及した者は終身刑が言い渡され、また、普及したポルノ物品の量によっては死刑宣告もあり得る。

しかし、「アンチ反動思想」法では未成年者への罰則は規定されて いなかったことから、おそらく未成年者は両親とともに農村での矯正労働に送られた。

また、さらに当局はこの未成年者が通っていた学校の校長も罰しており、同校長に無給休暇を課した。

この間、「アンチ反動思想」法の採択から北朝鮮当局は政治犯収容所の体制強化を決定している。

関連ニュース

タグ
北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント