22:27 2018年10月22日
ノーベル経済学賞を受賞したロバート・シラー氏

「チューリップ・バブル」さながら なぜビットコインは信じられないか ノーベル経済学受賞者が明かすその理由

© Sputnik / Vitaliy Belousov
経済
短縮 URL
1104

ノーベル経済学賞を受賞したロバート・シラー氏はビットコインについてのCNBCからのインタビューに対し、急騰は「チューリップ・バブル」を想起させるとし、ビットコインを待ち受けているのは完全崩壊と発言した。

スプートニク日本

シラー氏はバブルを解明した本『投機バブル・根拠なき熱狂』の著者としてで世界的に有名。

シラー氏はビットコインは実質価格を持っておらず、価格に対する社会全体の総意もまだないと指摘し、「金のような他の資本は投資目的でとらえなくとも、それに価格があることはみんなが知っている」と語っている。

シラー氏は現状況を「オランダで1640年代に起きた『チューリップ・バブル』を想起させる。我々は未だにチューリップに対価を支払っているし、時には多すぎるほど払っている。ビットコインは暴落する可能性がある。そしてみんながその存在を忘れるだろう。これはかなりありうる帰結だ。だがその瞬間まで長い時間が流れるかもしれない。百年ということもありうる」との見方を示した。

チューリップ・バブル」とは1636年から1637年、オランダが経験したチューリップの球根の価格の急高騰。これが引き金となり、経済危機が起きた。の引き金となった。

関連記事

Bitcoin.com共同創業者、「未来がない」ビットコインを全て売却

2018年、仮想通貨を待つ未来とは?

タグ
ビットコイン, 金融, 経済
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント