00:36 2021年09月27日
経済
短縮 URL
0 82
でフォローする

韓国ガス公社(KOGAS)は「サハリン2」プロジェクトで、露ガスプロムとの協力関係の拡大も視野に入れている。

スプートニク日本

KOGASは、25日より米ワシントンで開催中の「世界ガス会議2018」で、「我々はガスプロムとサハリン2プロジェクトに関して討議した。採算が取れれば協力拡大も検討中である」との考えを明らかにした。

2005年、KOGASと事業主体のサハリン・エナジー社は、年間150万トンの液化天然ガス(LNG)を韓国に供給する合意文書に署名している。

関連ニュース

三井物産、ロシアのLNGプロジェクトに関心を示す

2015年「サハリン2」プロジェクトで生産された石油の約45パーセントが日本へ届けられた

タグ
ロシア, 韓国, ガスプロム
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント