10:11 2018年08月20日
米国、中国・EUなどWTOに提訴 対米報復関税「正当な理由がない」

米国が中国・EUなどをWTOに提訴 対米報復関税「正当な理由がない」

© AFP 2018 / Fabrice Coffrini
経済
短縮 URL
0 33

米政府が中国、欧州連合(EU)、カナダ、メキシコとトルコについて世界貿易機関(WTO)に提訴したことが16日、明らかになった。時事通信が米通商代表部(USTR)の発表をもとに伝えた。

スプートニク日本

中国などは既に米国をWTOに提訴しており、これにより事態は訴訟合戦の様相を呈してきた。

USTRは声明で、米政権が国家安全保障を理由に3月に導入した鉄鋼製品に25%、アルミニウム製品に10%の追加関税は合法的である一方、これらの国・地域が米国から輸入する農産物、工業品に課した報復関税は「国際的なルールの下では正当な理由がない」とし、協定違反に当たると主張している。

先に中国は16日、米国が年間2000億ドル相当の中国製品に追加関税を適用する方針を受け、世界貿易機関に提訴した。

関連ニュース

トランプ政権、WTO規定無視を計画との報道

ロシア、米をWTO提訴 鉄鋼関税で

タグ
経済, 世界貿易機関, カナダ, メキシコ, 中国, トルコ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント