11:19 2018年09月19日
米国

欧州企業に対する米国の規制を可能にしているものとは? 専門家が解説

© Sputnik / Maksim Blinov
経済
短縮 URL
0 30

欧州企業は、あらゆる策を講じて世界最大の経済大国としての地位を堅持しようとする米国の種々の規制に直面している。エネルギー政策の専門家であるニコーリャ・マズッチ氏が仏メディア「アトランティコ」の取材で明らかにした。

スプートニク日本

マズッチ氏は、外資系金融機関「BNBパリバ」は2015年に89億ドル、フランス国鉄「SNCF」は2014年に6000万ドル、重電大手「アルストム」は同年に7億7200万ドルの支払いを命じられたと指摘。同氏は罰金に関して、これら企業は2つの重要な要因を有していると説明する。1つは米企業と技術分野で競争していること。もう1つは経済活動を米国内で行っていることだ。このためロシアや中国の企業と比較して罰金が科せられやすい。

マズッチ氏はまた、「米国には1996年に成立した通称『ダマト・ケネディ法』が存在する。まさにこの法律が米国政府に欧州企業に対して罰金を科すことを可能たらしめている。米国は、同国にとり懸念材料となる、いかなる貿易相手国の企業に対しても制裁を科すことができる。」と述べた。

関連ニュース

トランプ大統領「対シリア経済援助は他の裕福な国々の責任」

米「制裁は相手をより良く振る舞わせるツール」  ロシア外務省、22連続の絵文字でコメント!

米国、160億ドル相当中国輸入品に追加関税 23日発動

タグ
制裁, 経済, 欧州, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント