17:46 2018年12月12日
米ホワイトハウス

UNRWA、米国のパレスチナ支援凍結に遺憾の意を表明

© AP Photo / Pablo Martinez Monsivais
経済
短縮 URL
0 61

国際連合パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)のクリス・ガネス報道官は、米政府によるパレスチナ支援凍結の決定を受け遺憾の意を表明した。

スプートニク日本

米国務省のヘザー・ナウアート報道官は先月31日、UNRWAの拠出金運用を痛烈に批判した上で、米国が同機関に対する拠出を凍結する意向を明らかにした。同報道官はまた、同国はパレスチナ難民救済に関して、国連および関係各国政府との協議の活発化に言及した。

これを受けてガネス報道官は、「UNRWAは米国が10年におよぶ政治・財政支援の後に財政援助を停止する決定を下したことに深い遺憾の意を表明する。我々はまた、UNRWAが教育、保健、および救急の分野で取り返しのつかない『失敗の山』を累々と築いているとの批判を断固として退ける」と述べた。

関連ニュース

トランプ大統領 中国に対して総額2千億ドルの追加関税へ

トランプ大統領、イスラエル・パレスチナ単一国家構想をジョークで皮肉る

 

タグ
パレスチナ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント