05:41 2018年11月21日
石油輸出国機構 (アーカイブ写真)

サウジ、OPEC解体の可能性を調査

© AFP 2018 / Ryad Kramdi
経済
短縮 URL
131

サウジアラビア政府から資金提供を受けている研究センターは、石油輸出国機構(OPEC)解体が石油市場に及ぼす影響を調査している。ウォール・ストリート・ジャーナル紙が報じた。

スプートニク日本

研究センターのアダム・シミンスキー所長は調査について、サウジに対する米国の批判とは関係ないとし、プロジェクトでは米国の不満が考慮されると発表した。研究結果に応じて、OPECを解体から守るための選択肢が練られるという。

サウジ当局は、石油需要が大きく減少し、OPECが市場で以前の権力を失う恐れがあることに懸念を抱いているため、OPEC解体の可能性に関する調査が行われることになったという。サウジ消息筋はウォール・ストリート・ジャーナルに、「サウジは、石油需要が永遠に続かないことを認識している」と語った。

サウジ当局は今のところOPEC解体について議論していないが、サウジの政府高官らは、OPECの存在を維持する必要が本当にあるのかどうかに疑問を呈し始めているという。消息筋によると、サウジの政府高官らは、同国とロシアの2カ国で原油市場に十分な影響を与えることができると考えている。

トランプ米大統領は9月、OPECに対し、石油価格の値下げを呼びかけていた。トランプ氏は、中東諸国は米国の防衛を利用しており、これなしには地域の安全はありえないにもかかわらず、一方で石油価格を釣り上げ続けていると批判した。トランプ氏は以前にも、石油市場を操作しているとしてOPECを非難していた。

タグ
びっくり, 石油, 経済, OPEC, ドナルド・トランプ, 米国, ロシア, イラン, サウジアラビア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント