06:05 2020年10月29日
経済
短縮 URL
筆者 :
134
でフォローする

米国企業と中国の華為技術(ファーウェイ)は、禁止を迂回して提携を続けている。ニューヨー・タイムズが報じた。

同紙によると、インテルやマイクロンといった米IT企業は、過去3週間にわたり、米国外で製造された製品をファーウェイへ出荷している。このような製品には米国の商標がついておらず、禁止を迂回することが可能だという。

ニューヨー・タイムズは、「米国企業が外国で製造した製品は、そのすべてが米国製とみなされるわけではない」と説明している。

製品出荷により、ファーウェイは電子機器の製造および販売を行うことができる。

ファーウェイの既存製品向けの米国製部品の提供は、8月中旬に禁止される。先に、予定している製品向け部品のファーウェイへの提供が禁止された。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント