17:15 2020年03月31日
経済
短縮 URL
筆者 :
141
でフォローする

米国は、天然ガスの世界市場での供給過剰と需要量の減少が「ガスハルマゲドン」につながると予想している。米ブルームバーグがバンク・オブ・アメリカの話を引用し、報じている。

報道によると、2010年初頭から始まったシェールブームのおかげで、米国の天然ガス輸出企業は大幅にそのポジションを強化することができたとバンク・オブ・アメリカのアナリストは分析している。しかし現在、こうした企業は製品輸出の問題に直面している。こうした問題は、オーストラリアなどの他のプロバイダーとの競争の拡大や、温暖な冬のため欧州の消費者がたくさんのガスを貯蔵したことが起因している。

同銀行のアナリストは報告書の中で、「暖冬がガスマゲドンをもたらす」と述べている。また、米国のガス輸出企業は新たな問題に直面しているため、その状況はさらに悪化している。それは世界第二の経済大国である中国からの需要が減少していることだ。

アナリストは、これらのさまざまな要因から、米国のガス輸出企業は単に採算がとれなくなると指摘している。こうした中、積極的な採掘や石炭などの他のエネルギー源との競争という条件化では、急激な価格の下落に見舞われることから、輸出企業は、米国内で原料の販売を行なわざるを得ない。

関連ニュース

ヨーロッパ崩壊、ドル暴落、ロシアの君臨 サクソバンクが2020年の「ショッキング予測」を発表

タグ
ガス, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント