06:49 2020年12月02日
経済
短縮 URL
0 01
でフォローする

新型コロナウイルスの影響からスペインでは今年の第2四半期の国内総生産(GDP)が昨年同時期比で18.5%削減した。31日、スペイン国立統計局のプレスリリースで公表された。

ヨーロッパ・プレスによれば、今回の落ち込みは1970年以来最大の数値となった。このことからスペイン経済は景気後退の段階にあるといえる。同国の第1四半期は5.2%の下落だった。

金
© Depositphotos / Dmitry Rukhlenko
スペイン政府は以前、同国のGDPは新型コロナウイルスの影響から今年9.2%減少するおそれがあると予想していた。失業率は19%に達する可能性がある。

スペインでは感染の拡大が始まって以来、約28万5400人が新型コロナウイルスに感染し、2万8400人超が亡くなっている。3月中旬、スペインではもっとも厳格な体制がしかれ、その措置として住民の移動規制が行われ、娯楽施設や学校、カフェ、ホテル、スポーツ施設が閉鎖された。こうした規制は7月21日に解除となった。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント