14:13 2020年10月30日
経済
短縮 URL
米国でのTikTok禁止 (35)
0 50
でフォローする

2020年の第3四半期の総決算によると、世界で最もインストールされているアプリケーションは、ショートビデオサービスTikTokであることが判明した。スマートフォン向けソフトウェアのトップ10を作成した米調査会社SensorTowerのアナリストによって報告された。

若者に人気のあるこの中国製アプリは、GooglePlayとAppStoreの両方で1位を占めた。Androidユーザーの間では、ソーシャルネットワークのFacebookとビデオ会議ツールのZoomが2位と3位を占めた。iPhoneとiPadの利用者は、ZoomとYouTubeアプリをダウンロードする傾向があった。

中国の会社ByteDanceが所有するショートビデオサービスTikTokは、米国当局からの圧力を受けている。米ソフトウェア大手OracleがTikTokを買収する予定だが、買収しなければ、インドで既に利用が禁止されているように、米国でも利用が禁止されることになる。

TikTokは2017年夏に日本に上陸し、日本の若者の間でも非常に流行している。

関連ニュース

トピック
米国でのTikTok禁止 (35)
タグ
TikTok
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント