02:17 2020年11月30日
経済
短縮 URL
0 10
でフォローする

最大の取引量を誇る仮想通貨取引所Binanceは、規制条件を回避し、米国の投資家から潜在的な利益を獲得するため、複雑な構造を研究した。米国のフォーブス誌がBinanceの指導とされる資料を引用し報じた。

2018年の資料では、米国で子会社機構を設立する計画が記述されている。この機構は「太極拳機構」(名称は『譲歩と勝利』の原則に基づく中国武術に由来)と呼ばれる。その後、資料で述べられた機構はBinance.USの取引プラットフォームに変更された。

「太極拳機構」は、「避雷針」のように、規制機関の注意をそらす必要があった。

資料によれば、「太極拳機構」は、正式な罰金の支払いを行うことになっていたが、それは米国当局との今後の問題を回避し、同時に、通常の法的規定を遵守する用意を示すことで規制機関と協力するためだったという。報道によれば、このほか、「ロードマップ」では、VPNサービスを「戦略的」に使用することがアピールされ、これにより管理を回避するためにトレーダーの居場所を秘密にすることが可能となるという。

取引所CEOのChangpeng Zhao氏はフォーブス誌のインタビューに応じなかったが、報道後、同氏は自身のツイッターで、すべての発表と批判は不適切な事実の「偽情報」だと指摘した。

​同CEOは、「偽情報だ。記事の発表と非難は事実に相違している。すべてのソースは部外者の資料によるものだ。この資料はBinanceの(かつての又は現在の)スタッフが作成したものではない。だれもが『戦略的な資料』を作成することができるが、しかし、これは企業がそれに従うことを意味するものではない」とコメントした。

関連記事

タグ
米国, 中国, 仮想通貨・暗号通貨
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント