00:45 2020年07月13日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 40
でフォローする

亡きスティーヴン・ホーキング博士の家族が、新型コロナウイルスの感染者を援助するために同博士の人口呼吸器を寄付した。「デイリー・テレグラフ」紙が報じた。

現在、この機器は、ホーキング博士が治療を受けていた英国ケンブリッジのロイヤルパプワース病院に配置されている。同病院では現在、新型コロナウイルスの患者の治療を行っている。

筋萎縮性側索硬化症を患っていたホーキンス博士は、この人工呼吸器を2013年に購入し、亡くなるまで使用していた。この機器のサイズは大きくはなく、椅子の後ろ側に装着することが可能。ホーキンス博士自身もそのように使用していた。同博士の娘によれば、多くの人たちは機器に気づくこともなく、博士が常に人工呼吸器を必要としていたことは知られていないのだという。

そのほか、ホーキンス博士の家族は、現在、新型コロナウイルスの患者の治療のために装備の変更などを行っている医療機関に、他の装備も提供した。

スティーヴン・ホーキング博士は2018年に亡くなった

医療用マスク:使用説明書
Sputnik / Savitskaya Kristina
医療用マスク:使用説明書

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント