11:18 2020年09月20日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 20
でフォローする

あるツイッターユーザーが娘をからかったエピソードを紹介している。そのユーザーは英国首相の「手紙」を作り、コロナウイルス大流行後、カリキュラムの遅れを取り戻すために学校は無休になると書いた。この投稿はたちまち人気になり、「うちの子どもにもやってみよう」という声が出ている。

アカウント「schwitz」さんは、下の娘が家で「いたずらウィーク」を宣言し、家族はずっと付き合わされているという。ただし「娘は分かっているのか、父親がいたずら名人だということを」と書いている。

​アカウント「schwitz」さんは2人の娘宛に、本物そっくりな英国首相からの手紙を作成した。その手紙には、保護者への感謝の言葉と、コロナウイルスの隔離が終わったらカリキュラムの遅れを取り戻すため、土日も含め学校は休みなしで通うことになるという通知があった。

「schwitz」さんは、子どもたちはパニックになり、インターネットで詳細を調べたり、慌てて友達と連絡を取り始めたと書いている。

その後、子どもたちにこれはいたずらだと明かし、反応をビデオに収めた。

​「schwitz」さんは、お互いにいたずらをしかける時期が続いたが、停戦協定が結ばれたと語っている。

この投稿に「うちの子どもにもやってみようかな」などのコメントが続いた。

現在、英国はコロナウイルス感染拡大にともない隔離体制を敷いている。全国の感染者は計14万4000人、死者は1万9500人に上る。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
英国, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント