10:52 2020年12月03日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 11
でフォローする

モスクワでは25日、新型コロナウイルスの感染により新たに38人の死亡が確認され、首都の死者は400人を超えた。死者の多くは基礎疾患があった模様。新型コロナウイルス対策本部の最新発表で明らかになった。

対策本部の発表によれば、モスクワで新たに死亡が確認された38人には高血圧や糖尿病、心筋硬化症などの基礎疾患があったという。

新たに38人の死亡が確認されたことでモスクワでの死者は合わせて404人に達した。

新型コロナウイルスによる影響で国内経済が冷え込む中、マクシム・オレシュキン大統領補佐官は25日、番組「ロシア24」の取材に応じ、「現在の経済危機から可及的速やかに回復するためのあらゆる要素がロシアにはある」と発言、中小企業向けの融資に加え、扶養義務がある失業者を優先に現金給付の対象にするとして、国民の不安を払しょくすることに努めた。

オレシュキン補佐官によればロシア経済は2008年の経済危機を乗り越えており、こうした経済危機には「より用意ができていた」という。

ただし、コロナショックは2008年の経済危機をはるかにしのぐことから、コロナショック後の世界でロシアだけが独立して安定を保つことは不可能とした。

ロシアでは過去24時間に81地域で新型コロナウイルスの新たな感染者が5966人確認され、国内の感染者数は計7万4588人となった。死者は過去24時間で66人増え、計681人となった。

先にロシア政府は2020年5月9日の戦勝軍事パレードも新型コロナウイルスのパンデミックを理由に中止することを決定した。

関連ニュース

医療用マスク:使用説明書
Sputnik / Savitskaya Kristina
医療用マスク:使用説明書

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
ロシア, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント