18:47 2020年10月27日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 20
でフォローする

アメリカ疾病予防管理センター(CDC)は、新型コロナウイルスが感染拡大する中、ペットを守るための提言を作成した。研究者らは、コロナウイルスがもたらす動物への影響についてはまだ解明途上であり、特別な予防策を守る必要があると考えている。情報チャンネル「FOXニュース」が伝えた。

FOXニュースはCDC専門家の意見として「社会的距離はペットにも適用される。ペットたちもCOVID-19発症リスクにさらされている。まずは予防すべき」と伝えている。社会的距離を守ることにより、飼い主は他人や他の動物の相互作用からペットを守ることができるという。

CDC専門家は、ペットを撫でたり抱きしめたりすることも含め濃厚接触を避けること、また食べ物や寝具の共有を避けることを勧めている。犬と散歩する際は他人や他の動物から1.8メートル以上の距離を保つ必要がある。ネコの飼い主には、他人との接触を防止するため、できるだけ猫を家の外から出さないよう勧めている。

「自分自身がコロナウイルスに感染していたり、その疑いがある場合は、家族の誰かにペットの世話を頼むこと。それが不可能であればマスクを着用し、ペットを触る前には手を洗うように」という。

また動物クリニックの一般健診も勧められないという。ウイルス感染の可能性が拡大するからだ。

これらCDC提言は、米国内で飼い主がコロナウイルスに感染し、その後2匹のネコに感染が確認されたことを受けて発表された。

同時に、現時点で動物が人々を感染させ、それによりウイルス感染が拡大するという証明は何もないと指摘されている。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。 

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント