09:15 2020年12月03日
新型コロナウイルス
短縮 URL
1110
でフォローする

トランプ米大統領は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う危機的状況について、1941年の真珠湾攻撃と2001年9月11日の米同時多発テロよりも米国に深刻な影響を与えたとの見方を表した。米国のマスコミが報じた。

トランプ氏は6日、新型コロナをめぐる状況について「我々はかつてわが国で起こった最悪の攻撃を体験してきたが、今回は真珠湾攻撃よりもひどい。(2001年9月11日の)世界貿易センター(への攻撃)よりもひどい」と述べた

また、中国には新型コロナの世界的な感染拡大を阻止するあらゆるチャンスがあったはずだと繰り返し述べているトランプ氏は「これは起こるべきではなかった」と強調し、「このような攻撃はかつてなかった」と指摘した。

米国は新型コロナウイルスの感染者数および死者数が世界で最も多い。米国の累計感染者数は120万人超、死者数は7万人を超えている。


関連記事


経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
米国, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント