09:19 2020年09月26日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 40
でフォローする

ロシアのバイオテクノロジー企業「ビオカド」のドミトリー・モロゾフ代表取締役は、開発中の新型コロナウイルスのワクチンの臨床実験が夏の終わりまでに開始されると発表した。

「夏中期から8月初めまでに臨床試験の前の段階を終了させ、次の段階であるモニター被験者への治験を開始できると望んでいる。」モロゾフ氏はこう語っている。

モロゾフ代表取締役の予測では、今年秋または冬の初めまでにワクチン製造に拍車をかけ、その後、市場への供給が開始できる。

ロシアのタチアナ・ゴリコワ副首相は、ワクチン製造には現在、ロシアの10の国立研究所が取り組んでいると発表している。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント