23:56 2020年11月30日
新型コロナウイルス
短縮 URL
筆者 :
21735
でフォローする

新型コロナウイルスのパンデミックが起きると、世界中で「これは新種の病気ではない」と主張する人々が現れ始めた。それだけではない。そんな人々は、自主隔離の指示を破り、マスクをつけないで生活するように呼びかけ、そのような決まり事は「無駄」だと主張している。このような人々は、各々の見解を持っているが、その持論が周囲の人々の安全に影響を与える恐れもある。新型コロナウイルスの存在を否定することが、いかに第2波の予防に障害となるか、スプートニクは検証を試みた。

新用語の「コヴィディオット」と「コロナ反体制派」って何?

コーヴィッド・ディシデント(別名コロナ・ディシデント、コロナウイルス・ディシデント。ディシデントは反体制派の意。以下「コヴィド反体制派」)と呼ばれる人々のグループとは、新型コロナウイルスの存在を信じていないか、あるいは、このウイルスに関連する問題は実際には小さいのに、メディアや政治家らが煽っていると考えている人たちの集まりのこと。

新型コロナウイルスのパンデミックによって、社会にも新しい用語が生まれた。英語のスラングを集めたオンライン英語辞書「アーバン・ディクショナリー」には、「covidiot(コヴィディオット。COVID-19と、馬鹿を意味するidiotをかけ合わせた造語)」という新単語が登場した。今の世界には、地下壕を建て、世界の終わりに備えて食料品を過剰に蓄える人と、コーヴィッド反体制派という2パターンの人々が存在する。

この後者であるコーヴィッド反体制派(コロナ反体制派)は、ロシアの場合、HIVの存在を否定するHIV反体制派と似ている。また、いわゆるコヴィディオットは自分たちの主張を積極的に貫き、集会に参加し、決められた自己隔離のルールを破るように呼びかけている。さらにそういった行動様式から、「スーパースプレッダー」という新単語も出現した。この言葉は、建物内での隔離や自宅での隔離生活を拒み、周りの全ての人たちに感染させてしまう人を指している。またこの言葉は、一般的な感染者よりも他人に感染を広めやすい人のことを指す単語でもある。

コーヴィッド反体制派と一口にいっても一様ではなく、いろんな理論の信奉者が存在する。この反対派が唱える理論について、すでにいくつか耳にされたこともおありだろう。その反対派には新型コロナウイルスという病気は存在しないと言う者がいる。また反対派は、このパンデミックで恩恵を受けているかもしれない人たちを探していることが多い。反対派は当初、新型コロナウイルスは中国経済の破壊を目的とした攻撃であると述べていた。そして彼らは今、中国がウイルスを世界に拡散させ、世界を破壊したと主張している。また「反体制派」の中には、これは製薬会社の陰謀だと述べる者もいる。彼らが新型コロナウイルスが出現した理由として挙げているものの中には、当局が人々をコントロールするために人体にマイクロチップを埋め込もうという狙いから来ているというものもある。5Gの電波塔は人々の免疫力を抑制するというような説も現れた。また陰謀論者らによると、新型コロナウイルスは電波で感染による被害者を選び出し、ウイルスの拡散を加速させることができるという。こういった説がインターネット上で広まったことで、英国では4月、いくつかの都市の住民が5Gの電波塔に火を放ち、燃やしてしまった。

一方でワクチン反対派は、ワクチン接種を口実に、人々を監視するために体内に「チップ」を埋め込もうとしているという陰謀論を支持。このことからワクチン反対派は、その陰謀論に加担しているとされている米マイクロソフト創設者のビル・ゲイツ氏を新型コロナウイルスの生みの親を呼んでいる。

またドイツでは、活動家で新型コロナウイルス懐疑論者のアッティラ・ヒルドマン氏が、パンデミックが始まった当初から新型コロナ陰謀論の伝道師として活動してきた。ヒルドマン氏は5万人のフォロワーを抱える自身のテレグラム(SNSの一種)のチャンネルで、人々にチップを埋め込み、自由を奪うために世界政府とフリーメイソンが新型コロナウイルスを製造したという陰謀論を広めた。ヒルドマン氏5月末、数百人の支持者を率いてベルリンの国会議事堂に向かおうとしたが、警察に拘束された。

陰謀や偽情報について執筆している米カリフォルニア大学ロサンゼルス校のジョー・ピエール教授(精神医学)は、英紙ガーディアンのインタビューで、陰謀論を信じてしまう人には「心理面に奇妙な癖」があると語った。

「この心理的特性の一つに人が自身に独自性を求めるという現象があげられます。陰謀論に惹かれる人というのは、他の人が知らない秘密の現実に出くわすことに感情を覚える人が多いのです。この情報を知っているのは自分だということに、ある種独占的な感覚が沸き起こるからです。」

陰謀論の何が危ない?

新型コロナウイルス関するこういった噂は、一般的にワクチン接種反対派が積極的に支持している。いわゆる「反ワクチン」運動の代表者らは、ワクチン接種による副作用を指摘し、あらゆる病気に対するワクチンの接種を拒んでいる。米国、ドイツ、カザフスタンなど数カ国では、新型コロナウイルスのパンデミックを背景とした反ワクチン派の抗議活動が行われた。

この問題は、新型コロナウイルスの存在を否定し、安全対策を守らない人たちが感染を急速に広げ、ただでさえ深刻な感染状況の度合いをさらに強めていることにある。新型コロナウイルスへの懐疑主義者のこうした行動で最終的には懐疑主義者のみならず、周囲の人も苦しむことになりかねない。

「反ワクチン」運動が広まると、各国の全人口の60~70%に新型コロナウイルスの免疫を獲得させるという目標の達成に問題が生じる恐れがある。米ニューヨーク市立大学のスコット・ラッツァン教授(公衆衛生学)は、ガーディアン紙とのインタビューで、ワクチン接種はパンデミックの第2波の到来を予防するために必要だと指摘している。

「多くの人々が自分自身や子どもにワクチンを摂取しないと決めたらどうなるでしょうか? 今、ニューヨークの住民の半分しか予防接種を受けにきません。そうなれば、再流行から社会を守ることはできなくなります」

医療関係者や世界保健機構(WHO)は第2波到来の恐れを排除していない。各国の首脳もまた、第2波に対して危機感を募らせている。ドナルド・トランプ米大統領は「秋には再流行が世界を襲うかもしれない」と繰り返し発言している。


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント