16:08 2020年08月11日
新型コロナウイルス
短縮 URL
1112
でフォローする

世界に先駆けて、セチェノフ記念国立モスクワ第1医科大学が被験者に実施した対コロナ試験ワクチンの試験投与が成功したため、被験者第1グループには今週水曜15日にも退院が許可される。同大学の研究者、ワジム・タラソフ氏が明らかにした。

セチェノフ記念医科大・寄生虫学・熱帯性節足動物感染症研究所のアレクサンドル・ルカシェフ所長は、同段階の試験はワクチンが人体に危険性のないことを示す目的で実施されたが、実際にそれが示されたとコメントしている。

ワクチンの試験投与は6月18日に開始された。被験者らはコロナウイルスの感染を防ぐ目的で試験投与の開始のかなり前の段階から外界との接触が遮断された。

研究者らによれば、投与後の最初の数日間に体温の上昇が見られた以外は、被験者に否定的な反応は現れなかったものの、長期にわたる隔離状況は被験者の心理状態に大きく影響したため、精神的な緊張が増した被験者のサポートに心理学者の関与が必要とされた。

被験者たちは7月15日から20日の間に退院し、通常の生活に戻る。

ルカシェフ所長は今後の開発計画は、ワクチン開発者がどういった戦略をとるかによって決まると語っている。

同ワクチンは人工的に製造されており、コロナウイルスを含有してはいない。

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント