22:47 2020年08月13日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 14
でフォローする

沖縄県は15日、米軍基地キャンプ・ハンセンで新たに36人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。日本のマスコミが報じた。

共同通信が沖縄県の発表をもとに報じたところによると、キャンプ・ハンセンで計58人、普天間飛行場で71人、嘉手納基地で5人、キャンプ・マクトリアスで1人、牧港補給地区で1人の感染が確認されており、沖縄の米軍関係者の感染者数は計136人となった。

菅官房長官は13日の記者会見で、在沖縄米軍基地で新型コロナウイルス感染者が多数確認されていることに関し、必要な情報について米側から提供を受けていると述べた。


経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント